読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coniro

通りすがりの記録

加護ちゃん復帰コンin大阪 FANJ 二日目

心斎橋のハロショに行くとヴィジュのコスプレした10代の女の子が大勢いて入りづらかった。同じビルでイベントがあったみたい。
18:00前に現着
遠征組が帰ったせいか満員御礼だった昨日より人が全然いなくてあせった。開場するも100人くらいしかいない。
女子率は低いけど、きれいな女の人4人組がいたり、なぜか可愛い子が多い。右サイド7列くらいのポジション確保。開演近くになると人も増えて一安心。


19:00開始、kiss-FMのDJの人が司会、SI☆NAの須磨の海イベント以来。
マリードール(3曲20分)
1年選手らしいけどなかなかポテンシャルは高い。ビジュアルも良いし、よく動きながら歌えている。1st2ndは地下アイドルありがちな軽い打ち込みだったけど、最新シングルらしいストリングスの効いたロック風味の曲はメロンっぽくて気に入った。


ステージの両サイドにマリードールヲタ30人くらいがいて真ん中が加護ちゃんを見に来た人。
チケット内訳は加護枠300枚、マリードール枠50枚。
 初日は左サイドのニットキャップマリードールヲタ一人が暴れながらセンターに突っ込んで加護ヲタと揉みあいに。それをみたスタッフがステージの片方に耳打ち、するとMCで「今日は自重してください」次の曲がタオルを振る曲みたいだったけど無しになるという事があった。でも今日は暴れたやつが入れなったのか入り口で漫画を読んでたから特に何もなく。


加護ちゃん(100分)
衣装初日;グッズTシャツ黒にショートパンツ、ネックレス。今日はロングスカート、耳にリングのピアス。
昨日と順番が違って最初に香港Vを流した。こっちのほうがダレなくていい
・トーク1
香港VTRは同じ、通訳のコメントは無し。
シンガポールの映画話で昨日のタバコの自虐ネタに続き、ヨゴレのイメージを良くしたい的な発言。

・歌
衣装着替え黒のインナーに紫ワンピ、黒のショートブーツ
大塚愛「ユメクイ」
椎名林檎 「ギブス」
COCCO「焼け野が原」
aiko「カブトムシ」
Cocco 「Raining」*追加修正

初日と違うのは椎名さんのギブスとaikoのカブトムシ。
10日の一曲目は煽りが変だったりまだカンが戻ってない硬さがあった、歌詞忘れが多い。
しかし歌い手の実力も試されるようなクセのある難しい曲を選んだなぁという感じ。リアルに生きたいという言葉がこの選曲にあらわれているんだろう。
実際Coccoの曲を歌っている時の加護ちゃんはシャーマンのように小刻みに頭を震わせたりして世界をつくりだしていた。Coccoの身の上とシンクロ(wiki参照)があったのかもしれない。

・トーク2
ブラウニーダウニー再び、初日失敗したお手が成功。関係者席とコール&レスポンス。ロールケーキの宣伝。

ラストは初日で涙を流したラスト曲、前日の曲紹介で「一緒に歌ってください」って言うからハロプロの歌だと思いきやそりゃないよ加護ちゃんと思ったマイラバの「Hello Again〜昔からある場所〜」で閉め。


感想としてはトークでも変にNGを避けるのではなく積極的に明るくネタにできているし、なによりブランクがあったのかと思うくらいの歌が聴けたことで2DAYSのイベントは成功といえるだろう。
気になったのはCDはインディーズなのか分からないくらい。
初日のトークで「愛の意味を教えて!」を1フレーズ歌ってくれたのは嬉しかったな。