読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coniro

通りすがりの記録

思い入れの曲

こんにちは
舞美です

今日は、以前ブログに書いた
ハロー!プロジェクトコンサートのB2パターンには、凄く思い入れの深い曲がある
というお話について詳しく書こうと思います

その曲というのは
新垣里沙さんがソロで歌っていた
『ブギートレイン'03』
なんですが
もともとは藤本美貴さんの曲です
この曲がリリースされた頃は、私たちはまだ
ハロー!プロジェクト・キッズとして活動していて、
当時は主にコンサートなどで先輩方のバックダンサーをやらせてもらっていたんです
だけど、『ブギートレイン'03』の時は
「テレビ収録やミュージックビデオでもバックダンサーをつけます」
という話があって
皆凄く喜んだし、気合いも入っていたんです
でも、私たちが藤本さんの足を引っ張るような事があってはいけないし、
『ちゃんと踊れないんだったら出さない』
というのはキッズがずーっと言われてきた事でした

バックダンサーは4人出れるんですが、
先生が4人ずつ名前を呼んで
『はい このチームはAチーム』
『このチームはBね』

っという感じで、チーム分けをしていったんです
私が名前を呼ばれたのは
『ずっと出てみたい』
と思っていた歌番組に出れるチームで
凄く嬉しかったんですよね
その後、フリを全員で教わって、
チーム練習をしていくんですが、
私はフリをどうしても覚えられなくて…
1人踊りが止まっちゃったり、回りを見なきゃフリを思い出せなかったりして
見かねた先生がついに
『矢島、チェンジ』
とおっしゃったんです
もぅ、悔しくて悔しくて涙が止まらなくて…

だけど、泣けば戻ってくる物じゃないし、
『覚えが悪いなら、人と同じだけ練習するんじゃ駄目なの。悔しかったら、人よりも2倍も3倍も努力しなさい』
と言われたんです

それから毎日、レッスンがない日にも会社に行って、先生もいないスタジオで、
ビデオをつけてひたすら踊りました

その後、歌番組を家のテレビで見ながら
『あの時にちゃんと踊れていれば、今そこに自分もいたんだ…』
と思ったのを今でも覚えています

当時は上手くできない自分が悔しくて悔しくて仕方なかったけど
その経験があったから、すごく大事な事を教われた…って今は思います

そんなこんなで猛特訓したこの曲は、今でもフリを完璧に覚えています(笑)

2011/1/25 舞美ブログ
http://gree.jp/c_ute/blog/entry/543930521