読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coniro

通りすがりの記録

モーニング娘。ゲキハロ ごがくゆう in大阪 千秋楽


物事が同時に起きない為に時間は存在する。
1階はほぼ埋まりで2階席使用。
ストーリーはお姫様(鞘師)が婚約させられるのが嫌で影武者(くどぅ)と逃げ出す。影武者は暴力を振るわれ整形を強いる父親から逃げ出す。
二人は一般の食堂に身を寄せそこで看板娘(だーいし)とその友達(はるなん)と出会う。
王の前妻の娘(フクちゃん)が戻り王室の権力争いも絡んで、お姫様が実はワケありでという話。

80年代の少女マンガ的なストーリーと鞘師のプリンセスっぷり、生まれついての姫力を十分に発揮されて楽しい前半。そして後半になってダークサイドの展開になった時に一転、今度は演技力を発揮する。高橋愛を思わせる素養を見た。
脚本が今までの塩田さんと少し違って鞘師のダークサイドと連動して登場人物が特に意味もなく何人も死ぬシーンがあった。
この惨劇場面は宮崎駿監督作品チャゲ&飛鳥のPV「On Your Mark」みたいに時間が遡って惨劇が起きない展開になる。
お姫様役が鞘師と同じ15歳にしていることから、無邪気で可愛い鞘師、少女の闇を表現したのかなと思った。
女の子の友情物語でも成り立ったと思うけど、あえて見ている側に少し考えさせるのが塩田さんらしい。
最後に歌ったごがくゆう、みんな歌が上手くてまた聞きたいと思う。


ごがくゆう。生田衣梨奈|モーニング娘。‘15 Q期オフィシャルブログ Powered by Ameba
>今日はね、ごがくゆう観に行ったよ
>みんなめっちゃ良かった
>いままでは、ずっと一緒に出る側だったらから、わからなかったけど、凄くよくて遠い存在に感じた
>いいねぇ
>でも、衣梨奈も今度出る機会があれば、感動させられるように頑張ろう
>それに、メンバーに負けてられないな

http://www.gekipro.com/blog/gogakuyu/
大人の麦茶×ゲキハロ『ごがくゆう』 まもなく大阪公演!! - YouTube