読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coniro

通りすがりの記録

舞台タクラマカン 千秋楽 in大阪サンケイホールブリーゼ


℃-ute8周年の日に千秋楽という運命的な何か。
矢島舞美がひたすらに男前で前向きで一生懸命で。
ストーリー。
矢島演じるケイ、貧しくて町の人から差別されている地域に住んでいて、食べ物を盗んで仲間に分け与えている。「あの国」に脱出する為の金を銀行から奪うも逃げる途中で軍隊に他の仲間と共に殺される。
ガキさんだけが隣の国に辿り着く。
軍事体制で貧しい設定だから北朝鮮、憧れの豊かな国は日本かなと思ったり。

ゲキハロとはまた違ってメンバーが舞台をやるというより舞台に役者として出演するといった印象、それくらい上手く役を演じていた。
連日の過密スケジュールで舞美は声が悲鳴を上げているのがさらに迫力を増して鬼気迫っていた。
ガキさんもすっかり舞台女優に成長して安心してお芝居を見ることができた。
終盤の長い格闘アクションシーンで舞美の動きが半端なかった。さすが身体能力の高い℃-uteのリーダー。


「さくらの花束」で舞美が告白した相手だった人がすっかり舞美の虜に。
福永マリカ オフィシャルブログ『マリカティーノのキャラメル仕立て』スタ★ログ
>終演後、舞美ちゃんに会えたのだけど、
>感動と、恥ずかしさと、嬉しさと、尊敬と、色々なことが入り混じって言葉なんてみつからなくて
>泣きはらして目も開けにくくて。
>ただ、舞美ちゃんの頭をなでました。


奏健日子
@TakehikoHata: タクラマカン。何も予備知識無しに観に来たお客さんが、ヤン役の女優を中学生だと思い、 今時の子役はこんなに芝居がうまいのかと驚愕してたという話で盛り上がりました。すみません。子役ではありません。彼女は24歳です。


℃-ute 公式ブログ/℃-ute8周年(T^T) - GREE
>『じゃあ、支えてくれる人たちの想いはどうなっちゃうの』
>『やじは、そんな人たちが笑ってくれる顔や喜んでくれる姿をもっと見たい』
>そう、思いとどまってってきたんですよね…

>今では、あの時、やめなくてよかった…
>と心から思う…。

>諦めずに続ける事で見える景色がありました
>諦めずに続ける事で、出会えた人たちがいました

>ずっと支えてくれた皆さんにも、私たちが悔しい時は同じように悔しい思いをさせてしまったと思うし
>『この先大丈夫かな』って、不安にさせてしまった事もあったと思うんです。

>でも、今そんな皆さんと
>当時は見せる事ができなかった色んな景色を一緒に見たい
>…そして恩返しがしたいと思っています
℃-uteを信じてついてきてくれて本当にありがとうございます


改めてっ|新垣里沙オフィシャルブログ「Risa!Risa!Risa!」Powered by Ameba